ロジカルシンキング

因果関係の「譲り合い」

先日、久々に前職のオフィスに立ち寄った時の話。

偶然、私が在籍時に講師トレーニング(※講師を目指す方へのトレーニング)を担当させてもらった1人の方とすれ違い、その通り過ぎ際に、

「井尻さんに色々教えてもらったおかげで、いま講師を頑張ってやれています!」

と声をかけてもらった。

その時、咄嗟に私が返した言葉は、
「いやいや、●●さんが頑張ったからやと思うよ」

 

 

今回は、「因果関係の譲り合い」について、書いてみたい。

そもそも因果関係とは

この話をする上で、そもそも「因果関係」という言葉の定義を確認しておくと、

二つ以上のものの間に原因と結果の関係があること。(大辞泉より)

とある。
「Aが原因となり」「Bという結果になった」という場合に、「AとBに因果関係がある」という。

たとえば、

  • あの人が来るイベントは、いつも雨だ
  • A型の人は、たいてい几帳面だ

なんて風に、日常よく使っている概念ではあるが、実はその関係を明確に示すことは難しい

因果関係の難しさ

たとえば、「スポーツ選手の子供だから、スポーツが万能である」という関係は、因果関係だろうか?

  • 「そうじゃない場合も知っている」
  • 「そうだとしても、別の理由があるからだ(親の指導方針など)」
  • 「たまたまそういう人がいるだけ」

などなど、因果関係の難しさは、

  • そう思うだけで、実は全く関係がない
  • たくさんある原因のうちの1つに過ぎない
  • ただの偶然

など、考えるべき点が多い。

因果関係について、より理解を深めたい方は以下書籍がオススメです。

因果関係は、捉え方次第

要するに、因果関係が「あった」とか「なかった」というのは、明確に示すことは非常に難しいのである。

そのため、「ある出来事(結果)原因が何であったか」は、「本人がどう捉えたか」に委ねられることが多い。

たとえば冒頭の例において、
「自分が講師として成果を出しているのは、自分の努力の賜物だ
と言ったとして、誰もその正否を示せないが故に、「間違ってる!」とは言い切れない。

そのためよく起こりがちのは、
「自分のおかげ」「他人のせい」
という、因果関係の判断である。

誰しも、自分の手柄を求め、自分の責任を逃れたい、という気持ちは少なからずあるだろう。

また、そう判断したとして、否定の証明をされるものではなく、その真偽を問われることもない。

因果関係は、お返しされるもの

ただここで押さえておくと良いのは、因果関係というものは、

  • 押し付けたら押しつけ返され
  • 奪ったら奪い返されるが、
  • 譲ったら譲り返されるもの

ということだ。

具体的には、

自分の反応 相手の反応
「●●さん(他者)のせいだ!」 「いや、あなたのせいでしょ」
「自分が頑張った成果だ」 「いや、周りのおかげでしょ」
「●●さんのおかげです」 「いや、あなたが頑張ったからですよ」

という、逆方向の反応が起きやすい。

因果関係を、譲り合おう

冒頭の例では、「井尻さんのおかげです」と、私は因果関係を譲られた訳ですが、とっさに「いや、・・・さんの頑張りの成果ですよ」とそれを譲り返していた。

こと人間関係においては、そういう側面があると思う。

「自分が頑張ったから上手くいった」
「あいつが育ったのは私のおかげ」

それはそうなのかもしれないけど、そういう判断をしている人からは、因果関係は奪われるばかりである。むしろ譲った時の方が、自分に返ってくるし、そもそも、自分のおかげ、っていうのは、なんか痛い。

 

私自身、身の回りの成果を「他者のおかげ」と譲れているだろうか

  • SNSで自身の功績を顕示する
  • 功を成した人に対して「あの人は昔、私の部下で・・・」と語り出す

なんていうくだりを見るたび、反面教師的に、
「あぁ、自分は自分から因果関係を譲っていけるようになりたいなぁ」
と思ったりするわけである。

 

-ロジカルシンキング

Copyright© 株式会社 i-think , 2021 All Rights Reserved.