マネジメント・後輩指導

「最近どう?」から考える、質問の抽象度の話 ~曖昧な質問をするには、条件がある~

新しく講師を目指す人のトレーニングをしていると、
受講者への質問の仕方として、

「みなさんどう思いますか?

というような曖昧な問いをしてしまう場面がよくある。

皆さんの日常生活でも、例えば上司から、
「□□についてどう思う?」
「〇〇さんの意見はどう?」
「最近どう?」
という様に、曖昧に質問されるシーンはないだろうか。

こうした曖昧な問いについて、
その結果相手に生じさせる困惑
一方で曖昧に質問しても良い場面
などについて記載してみたい。

曖昧な問いの行きつく先

「どう思いますか?」という問いを出した際に、
想定される相手からの反応はいくつかある。
以下に代表的な3つを紹介しよう。

①沈黙

1つ目は、沈黙だ。

「どう思いますか?」
「(え、どうって言われても・・・)」

といったイメージである。

曖昧な問いをするとなぜ沈黙が起こるのだろう?
それは、
「何を答えて良いか分からない」
〇〇⇒「答えたとして間違ってる可能性がある」
〇〇〇⇒「間違ってる、と言われたら嫌だ」
といった考えが相手の頭の中で回っているからだ。

②曖昧な返答

曖昧な問いへの反応の2つ目は、曖昧な返答だ。

すごく極端に言えば、
「どう思いますか?」
「え、良いと思いますよ」
みたいなイメージだ。

曖昧に問われているため、
曖昧にしか答えられない、という状態である。

③ズレた返答

曖昧な問いへの反応の3つ目は、ズレた返答だ。

自身の想定とは全く異なる返答がきて、
「いや、そういう意味じゃなくて・・・」
と追加質問をする様な場面を、普段もよく見かけないだろうか。

曖昧な問いのメリット

ここまで挙げてきた通り、曖昧な問いは
「沈黙・曖昧・ズレ」と、あまり良い結果に繋がらない。

ただ一方で、こういう曖昧な問いにも利点はある
それは、曖昧な問いに対しては「なんでも言える」ので、
幅広い意見を出すことが出来て、議論を広げられる点だ。

曖昧な問いを使える条件

ただ、上記の様なメリットを活かすためには、
以下の様な条件が必要だ。

①相手と関係性が出来ている

先ほどの「なんでも言える」は、
「回答が間違ってても怒られない」
という双方の良好な関係性があってこそ成り立つ。

「相手が警戒心を持ってない」
事が大前提だ。

そうでない場合には、
「沈黙」や「曖昧返答」に終わることが多い。

②時間的な余裕がある

曖昧な問いでは「沈黙」や「ズレた返答」が起こるため、
やり取りにどうしても時間がかかってしまう。

時間の余裕がない時はなかなか
曖昧な問いは使いづらい。

逆に、友人と飲んだり、お茶したりする様な時は、
曖昧な質疑・会話で全然オーケーだ。

③相手と前提がすり合っている

曖昧でも相手と前提がすり合っていれば、
「あー、そういう意味で聞かれてるのね」
と相手が頭の中で補い、良い返答をしてくれる。

家で使う、「お母さん、アレどうなった?」
とかは全然オーケーだ。

まとめ

この様に考えていくと、
・関係がさほど良くない上司から
・すれ違いざまに
・前提もすり合ってない中で、

「最近どう?」

と聞かれるのは、最悪な状況ではないだろうか (笑)

曖昧な問いは、上記の様に「条件」を見極めて使うものだ。
決して、どう話すか困った際に「どうですか?」
と苦し紛れに発する類のものではない。

これは私の様な講師の立場ではmustで意識する点だが、
皆さんも普段、質問や問いかけをする場面で
一度自分の問いの抽象度を立ち止まって確認して欲しい。

きっと、議論の進みが一気に早くなるキッカケとなるであろう。

-マネジメント・後輩指導

Copyright© 株式会社 i-think , 2021 All Rights Reserved.