プレゼンテーション

伝わらない人が意識すべき、「減らす」発想

■たくさん伝えて、伝わらない

 人に何かを伝えようとする際、
 少しでも多くのことを伝えようとするあまり、
 逆に何も伝わらなくなってしまう、という事はよくある。
 伝わるコミュニケーションのためには、実は減らす発想が有効だ

■知っていることほど、たくさん伝えてしまう

 人に何かを伝えようとする際、
 特に自分がよく知っていたり、専門性のある事柄であればある程、
 もれなく多くの事を伝えようとしてしまう、ということはよくある。

 例えば、自分の仕事上の詳しい分野や、趣味等で好きな分野をテーマに話す時に、
 ついつい熱が入って細部まで長く話してしまう、といった経験はないだろうか

 私もビジネススクールの講師として、
 多くの受講者の話を聞く機会は多いですが、
 「あぁ、網羅性を捨てるともっと伝わるのになぁ」
 と思う事は少なくない

■たくさん伝えるほど、伝わらない

 人間が一度で認知・理解できる量には限界がある

 皆さんも聞く側の立場として、
 入社直後の部門説明や、家電屋の店員の説明、保険の営業等で、
 話を聞いているうちに、途中でよく分からなくなってしまう、
 そして後で結局もう一度聞く必要が出てきて、ストレスが溜まる、
 なんて経験をお持ちではないだろうか

 結局コミュニケーションは聴き手に伝わらなければ意味がない。
 伝わるためには、「減らす」発想が重要だ

■どうすれば減らせるか

 とは言っても、
  「いや、減らすと逆に伝わらないよ」
  「伝えることは1つではないから、減らせません」
 といった事をお感じの方も多いだろう

 ただ、意外と「減らせる」要素はたくさんある。
 一度以下の様な点をチェックすると良いだろう

  □一言で言うなら何なのか
   「今回伝えたい事」を一言で表現できない、という時は実は多い。
   そのため、つい補足情報から伝えてしまっている事はよくある。
   まず一言で言うなら何なのか、言葉を研ぐ事が重要である
  □その話は、mustなのかbetterなのか
   複数伝える事がある、という場合もあるだろうが、
   伝えたい項目の中には必ず優先度があるはずだ。
   今この瞬間に必ず伝えたいことと、後でも良い事・出来れば知ってもらいたい事
   の濃淡を付け、前者に集中すると良い

■まとめ

伝わるコミュニケーションは減らすことである。
伝えるべき内容が複雑・多様化している現代においてこそ、
「まず減らす」ことから始め、1つ1つ確実に伝えることを意識してみよう

ただ、様々なシーンで(自社のプレゼンや契約等の重要事項の説明等)
どうしても伝えるべき内容が減らし切れない、という場面も多いだろう。
そういった場合の考え方について、次回は記載したい

-プレゼンテーション

Copyright© 株式会社 i-think , 2021 All Rights Reserved.