プレゼンテーション

「まず結論から話せ」って本当? ~コミュニケーションは一律に当てはめない事が大切~

「話す時はまず結論から」

社会人になって、よく聞く言葉だろう。
例えば上司に報告や相談をする際に、皆さんもそういった指摘を受けた事があるのではないだろうか。

ビジネススクールの講師として、年間1.000名近くの方と論理思考やコミュニケーションについて討議するが、同様の考えをお持ちになっている方は結構たくさんおられる。

では、どんな時も結論から先に話すと良いのだろうか?

結論から先に話してみたけれど

例えば、次の2つの発言を比べてみよう。

「けっこう隅々まで探したんですけど、見つかりませんでした。」
見つかりませんでした。けっこう隅々まで探したんですけど。」

次の例はどうだろう。

「私には少し辛めだったけど、とても美味しかったよ。」
とても美味しかったよ。私には少し辛めだったけど。」

いずれも結論から先に話しているのは後者であるが、どの様な受け取り方の違いを感じただろうか。

コミュニケーションの感じ方は人それぞれなので一概には断定できないが、「後者にちょっとした感情的なしこり」を残す方も多いのではないだろうか。

相手に残る印象から考えてみる

コミュニケーションにおいては、最後の部分が相手の印象に強く残りやすい
上記の後者の例だと、相手の心情に良い印象を残さない事も多い。

とても美味しかったよ。私には少し辛めだったけど。」
〇〇→『文句言うなら食べるなよ・・』

となってしまうのは、コミュニケーションとしてもったいない。

コミュニケーションにおいては、聴き手にどんな印象を与えたいかを考え、話す順番を考えることが重要である。

では、「まず結論から話せ」は嘘なの?

では「まず結論から」とよく言われるのはなぜだろうか。

そもそも「まず結論から」が良しとされているのは、
・聴き手にスピーディに考えを伝えられる
・聴く順番として合理的である
といった、効率や合理性を重視したコミュニケーションの前提があるからだ。

一方で感情や心情を重視する様なコミュニケーションの場合には「まず結論から」は必ずしも当てはまらない

例えばお客様から頂いたクレームへのお詫びのコミュニケーションで、
「結論から申し上げると、ご要望はお受けできません」
「その理由を3点で述べていきます」
という様なコミュニケーションをすれば、事態が収拾に向かわない事は明白である。

目的と状況に応じること

ここまで見てきた様に、何事も一律に当てはまる公式はない
よく言われる「まず結論から」といった言葉においても、使う際にはその前提がある。

一概に整理はできないが、

効率・合理を重視する場合
ex):進捗報告、業務指示、伝達系のプレゼン
〇〇自身の結論から
感情・心情を重視する場合
ex):交渉、相談、お詫び、お願い系のプレゼン
〇〇特に最後をどう終えるか、から順番を組む

といったくらいのイメージを持ちつつ、後は自身でコミュニケーションの状況に応じて順番を工夫することをオススメしたい。

 

-プレゼンテーション

Copyright© 株式会社 i-think , 2021 All Rights Reserved.