就活・転職

就活の面接で意識すると良いこと

「相手に自分の考えを上手く伝えるには、
何に気をつけたらいいと思いますか?」

趣味のダーツ仲間の大学生が、
この3月から就活を始めたらしく、
こんな相談を受けた。

確かに【面接で何をどう伝えるか】は難しいテーマである。

「自己分析をせよ」と言われて過去の体験や
エピソードを振り返ってみるが、
それをどう面接で話せばよいかが分からない。

私も就職活動をしていた当時、かなり悩んだものだ。

イイタイコトよりキキタイコト

面接で学生がまずやってしまいがちなのは、
単に自分が用意したエピソードだけを述べるパターンだ。

 ・海外に留学をしていて・・・
・アルバイトで居酒屋の店員をしていて・・・
・部活動で部長として・・・

もちろんこうしたエピソードを語るのは良いのだが、
「それを通じて相手がキキタイコトは?」
を考えることが重要である。

面接官のキキタイコトとは?

では、この場合の「相手」となる
「面接官」のキキタイコトは何だろう?

つまり、面接官は面接を通じて
あなたから何をキキタイと思っているのだろうか。

それは、
「○○さんは□□というエピソードを持っている」
ということではなく、

そういったエピソードを通じて、
「○○さんは当社で活躍する人材である」
ということを確認したいと考えているはずだ。

では何を伝えるべきか?

上記をふまえると、
「私は御社で活躍ができる人材です」
「なぜなら、○○というエピソードがあるからです」

と伝えられるのがベストである。

ただもちろん、学生が会社でいきなり活躍する、
という事は難しいし、さすがにそこまでのレベルは
面接官も求めていない。

重要なのは、
「私は将来的に御社で活躍するポテンシャルが高い人材です
ということを伝えることである。

ポテンシャルの高さを示すためには?

では、どんな点をアピールすれば、
「お、彼はうちの会社で成長しそうだな」
と思ってもらえるだろうか?

大きく2点、説明したい。

①その仕事への意欲が強い

意欲の湧かない仕事をいくらやっても
なかなか成長できない。

「御社での仕事に意欲高く取り組めます。
「なぜなら、・・・という性格だからです」
「なぜなら、・・・という事が好きで続けられるからです」

などと伝えられると良い。

よく学生の皆さんが面接で聞かれるであろう、
「なぜ当社を受けているのですか?」
という質問は、実はこの【意欲の高さ】を
確かめるために聞かれている事が多い。

この【意欲の高さ】ともう1点、
ポテンシャルの高さを伝えるために、
話すべきこととして、下記がある。

②失敗から学ぶ力がある

これはどんな会社・どんな仕事においても重要だが、
チャレンジや失敗を糧にして、
次には工夫をして乗り越える力
があるかないかで、成長の速さは大きく変わる。

「御社に入社後、成長していきます」
 「なぜなら、○○という失敗をこの様に乗り越えたからです」

という事が話せると良い。

特に壮大なエピソードでなくともよい。
大学での講義やアルバイト、サークル運営、留学などにおいて、
何かしらチャレンジし、失敗し、工夫している事があるだろう。

自分が何にチャレンジし、どんな失敗をして、

それをどう乗り越えたかを語れる様にしておくと良いだろう。

もう一度エピソードを練り直す

ここまでをふまえて、
面接で語ろうとしている自身のエピソードを
上記の観点でもう一度見つめなおしてみて欲しい。

そのエピソードに関して、
 □「御社での仕事が好きである」事と繋がる要素はないか?
 □困難にチャレンジした経験は?
 □失敗から何を学んだか?
 □失敗を受けて、自分ならではの工夫したことは?

このあたりを具体的に具体的に考え、
エピソードを深掘りしていくと良い。

そして、

「私は御社に入社後、活躍する人材に成長します」
「①その仕事が好きだからです。(→エピソード)」
「②成長力があるからです。(→エピソード)」

と伝えられる様にして、
面接に臨んでみて欲しい。

-就活・転職

Copyright© 株式会社 i-think , 2021 All Rights Reserved.